fbpx
天才の正体

天才の正体34 ≪西野亮廣エンタメ研究所 2018/5/15≫

2018/5/15 サロン内記事

※以下はオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」で過去に投稿されたそのままの原文記事です。

2018年5月15日
【編集よろ!】

昨日、酔っ払いながら書いた『僕たちはどう生きるか』の原稿(未発表だから、シェアしちゃダメよ)です。
酔っ払いながら書いたので、後半は書くのが面倒くさくなってます。

とにかく、誰にでも分かるようにしたいので、目的をそこにおいて、「ここは、もっとこうした方がいいんじゃない?」「この言葉は、ちょっと分かりにくいっす」というのがあれば、コメント欄までジャンジャン御意見お願いします。

━━━━━━━━━━

【炎上を区別しろ】

インターネットで炎上すると、決まって「炎上商法だ〜!」と騒ぐ輩が現れる。

ブログの場合は閲覧数に応じた広告収入が入るけど、ツイッターの場合はどれだけ閲覧されようが、1円にもならない。
そして「なんか、面倒臭そうな奴」とネガティブなレッテルが貼られて終わる場合がほとんどで、ツイッターの炎上は「商法」として成立していない。

ところが、そういった〝お金の導線〟までを考えずに、「炎上しているからには儲けているに違いない」という思い込みで、とにかく炎上していれば「炎上商法だ〜!」と騒ぐ輩(絶対にブスだと思う)は一定数存在する。

時として、テレビのコメンテーターまで、この調子なので、世話がない。

炎上には、いくつかの種類がある。

収益化できている炎上か、収益化できていない炎上か。

その他には、「目立ちたいだけのイタズラ」か、「時代のネジレが生んだ議論」か。

コンビニのアイスクリームの冷凍庫に入るイタズラ動画も「炎上商法」と紹介されるし、5年前、僕が初めてクラウドファンディングをやった時も、やはり「炎上商法」と紹介された。

クラウドファンディングという新しい選択肢の提案に、5年前の日本は「炎上商法」という烙印を押したのだ。
皆、「他人からお金を貰うとは何事だ!」とウホウホ言っていた。原始人かよ。

《「炎上商法」って、一体何なの?》

「人から注目を集めて、金を稼ぎやがって」と言い出したら、サザンオールスターズ、シルクドゥソレイユ……世にある全てのエンタメが「炎上商法」ということになってしまうので、個人的には「炎上商法」という表現は好きじゃないんだけど、ここではきっと「炎上商法」という表現の方が伝わり易いと思うので、「炎上商法」という言葉を使って話を進めるね。

炎上商法には大きく分けて2種類ある。

「注目」を集めた炎上商法か、「信用」を集めた炎上商法か。

炎上案件であるので、どちらも「注目」は集めているわけだが、掘り下げて見ていくと大きく違う。

たとえば、コンビニのアイスクリームの冷凍庫に入るイタズラ動画をYouTubeに投稿することで、動画投稿者が集めるのは「注目」であって、「信用」じゃないよね。

むしろ、「信用」は凄まじく失っている。

信用は凄まじく失うが、しかし、その瞬間、動画投稿者にはチャリンチャリンとお金が入る。
これが、「注目」を集める炎上商法。

ここで僕たちが学ばなきゃいけないことは、一つ。

それは、

『「注目」を集めることで成り立つビジネスモデルと、「信用」を集めることで成り立つビジネルモデルは、お金の出所が違う』

ということ。

「注目」を集めることで成り立っている場合、お金の出所は「広告費」になる。
「好きなことで、生きていく」とYouTuberは言うけど、収益構造はテレビと変わらない。

広告主が「注目」が集まっている場所にお金を出し、ゆえに、「注目」獲得合戦が始まる。
そうなってくると、そこに自由はない。
注目が集まるような過激な企画しかできないからだ。

それでもテレビはチャンネル数が限られているので、少々ぬるい企画でも、まだ一定数には見てもらえるが、インターネットの世界になってくると、チャンネル数が無限にあるので、その中から見つけてもらう為には、かなり過激な表現をして旗を立てなければならない。

YouTuberには、過激ではない表現を選ぶことは許されないのだ。

いずれにせよ、「広告費」に依存した時点で、あまり自由はない。

一方、サザンオールスターズやシルク・ドゥ・ソレイユや、ホームレス小谷や田村Pや目黒さんのように、「信用」を集めることで成り立っている場合、お金の出所は「個人のダイレクト課金」だ。

一人一人に対して積み重ねた「信用」を、必要な時に必要な分だけ換金して生きていくモデルなので、求められるのは「そこにウソがない」ということで、過激なことをやりたいと思えばやればいいし、常に過激である必要もない。
「毎日出勤しなければならない」という縛りもないので、時間に余裕もできる。

「信用持ち」には、選択の自由と時間の自由が与えられる。
自由に生きたいのなら、広告に依存する生活は、とっとと捨てた方がいいよ。

しるしをしよう!(気になる文を抜粋)

ファクト(事実に基づいた内容の文) + 気づき

『「注目」を集めることで成り立つビジネスモデルと、「信用」を集めることで成り立つビジネルモデルは、お金の出所が違う』

「注目」を集めることで成り立っている場合、お金の出所は「広告費」=YouTuber

「注目」獲得合戦

自由はない。

一方、「信用」を集めることで成り立っている場合、お金の出所は「個人のダイレクト課金」だ。

一人一人に対して積み重ねた「信用」を、必要な時に必要な分だけ換金して生きていくモデルなので、求められるのは「そこにウソがない」ということで、過激なことをやりたいと思えばやればいいし、常に過激である必要もない。
「毎日出勤しなければならない」という縛りもないので、時間に余裕もできる。
収益モデル
古いタイプ  ⇒ 広告収入
= CM・広告・スポンサー

新しいタイプ ⇒ 個人のダイレクト課金
= オンラインサロン・クラウドファンディング

企業から個人へ。
この流れは、個人レベルである程度自由に使えるお金を持った国で起こってきている現象だと言える。
ただ、日本については、有り余る貯蓄を持ったお年寄りはクラウドファンディングやサロンの知識が乏しいので、個人からのダイレクト課金にはなかなか参入できない。
それに加えて多くのネットネイティブではるはずの若者も、所得水準の低さが邪魔をして、参入しきれていない現状がある。
なので、こと日本においてはここから爆発的に個人のダイレクト課金に流れ込む時代になるとは言い難いと思う。

現状、あくまでも氏のような有名・著名人が先導し旗を振ればそこにはお金が集まるが、一般への波及は日本では顕著に見られないようだ。
注意したいのが、これを機にこれまでさほど信用を貯めてきてない人が、早まってクラファンを立ち上げ、成果を出せなかった事が理由でネガティブキャンペーンに走る事だ。

ただ、逆に急激な発展途上や産業後進国はどうだろうか。
これから第二次世界大戦後の日本の高度成長期のように、急激に発展していく国はどこも人口ボーナス期に入っている。その時代にネットネイティブ世代がほとんどを占めるとなると個人のお金がダイレクトで支援したい方向に流れるのは明白な事実となるに違いない。

人口ボーナス国 x ネットネイティブ世代 = 次世代型収益モデル

人口ボーナスとは
英語:demographic bonus
総人口に占める働く人の割合が上昇し、経済成長が促進されることを指す
(逆は人口オーナスという。)

アジア諸国の人口ボーナス期 ⇒ 【人口総数が1億人を超える国
インドネシア、フィリピン、インド、パキスタン、バングラデシュの5カ国が挙げられる。これらの国は今後本格的な人口ボーナス期を迎え、2040年~2060年頃まで継続すると見込まれる。

「人口ボーナス」の画像検索結果

今、人口オーナス期に突入した日本で取るべき施作は、この人工ボーナス期の国々を巻き込んだオンラインサロン的な(ネット環境下で完結する仕組み)事業であり、ここに力を注ぐのが正しい課題なのかなあと考えます^^

エッセンス(本質) + 学び

「信用持ち」には、選択の自由と時間の自由が与えられる。
自由に生きたいのなら、広告に依存する生活は、とっとと捨てた方がいいよ。

広告主からすれば自社の製品のイメージにあった人選をするのは当然で、そのCM等に選ばれた側は、広告主である企業の満足度を満たす(製品イメージを崩さない)為に、普段からの立ち居振る舞いが制限されます。つまり、束縛されて自由度が減る。これだけで嘘をつかなければいけない時もあるでしょうし、そうなると信用を無くすことにもなり得る。

わかりやすい例えとして、コカ・コーラのCMに出てるタレントが実はコーラ嫌いであるとか、洗剤のCM=清潔感が求められるところに抜擢されたタレントが本当は何日も洗濯していない服を着まわしているにも関わらず、イメージを崩さないような嘘の発言をするとか・・・です。

この人は嘘をついているな・・・という印象を知らず知らずのうちに多くの人に思われて「信用を減らしていく」ことと、「自由に生きられなくなる」はイコールで結ばれることの証明ができました^^

まとめ(総括)

正直に生きることが信用に結びつき、自由な時間が与えられる。

最近では反社会勢力と芸人との間で行われた闇営業のニュースにもありましたが、これからの時代は特に信用を稼ぐ上で嘘はいけないんですよね。

おしまい

あなたの人生にエンタメを!

西野亮廣さんのレターポット ⇒ コチラ

オンラインサロン「エンタメ研究所」入会 ⇒ コチラ

ランキングサイトに参加中です^^よろしければポチお願いします。

↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

人気ブログランキング