fbpx
自己投資(自分磨き)

いじめが無くならないのなら極限まで減らす活動(徹底的に)

いじめ2.0?

あちこちでまた最近いじめという言葉を見聞きするようになった。
霜降り明星のせいやが学生時代に強烈ないじめにあっていたというエピソードトークが発端の様にも感じるが、いじめられ始めてからいじめ克服までの筋書きが皆に共感を与えてるんだと思うし、勇気付けられると言った声もある。

最近でもないがよく耳にする○○2.0というフレーズ。
Web 2.0から始まり、例えばDocomo2.0お金2.0、外食2.0、労働2.0・・・・・・

そんな中、いじめについて色々と情報を集めている中で【いじめ2.0】といった書籍にも出くわした。

この「○○2.0」の元ネタはおそらく、ソフトウェアが大型アップデートされ、「バージョン1」から「バージョン2」に移行することから来てるんだと思うが・・・。
2005年くらいにはWeb 2.0といった声が聞こえてきた際に、レガシーシステム(旧体制)から脱却し、新しいシステムにパラダイムシフトすることを表す「2.0」というワードがこっそり流行していた。

話しを戻すと、新しいシステムにシフトするといった意味では、いじめのようなメンタル面におけるナイーブなワードに2.0を付けるのは「どうなん?」とも思う。

とは言え私は全くこの書籍をディスるつもりはない。

むしろ逆です。どうしても伝えたい事は、しっかり確実に伝えないとなんの意味もない。
今このタイトルにすればクローズアップされやすい。伝えたい。どうしても伝えたい。
となれば何だっていいんです。もっと言うと、いじめがひとつでも減ってひとりでも死なずにすめばそれでいい。手段は問わない。

一番いけないこと。それは、心ない人の批判だけして言い逃げするパターンだ。

著者:荒井隆一さんです。応援してます^^

いじめに対して真剣に前向きに
取り組もうとしている方は
是非読んでみてください。

いじめについて思うこと

何度も言うことになるけど、いじめ問題は最近、各種メディアでの露出頻度が高くなっている。大袈裟に言うと、地球上にとっても、自身にとっても永遠のテーマであります。
そう言っても過言ではない問題が「いじめのない社会造り」についてではないでしょうか。

「いじめ」は無くせるのか・・・?の問いについては戦争や争いごとに言葉を置き換えてもいいと思うが、自身の見解としては結論無理。

いじめは無くならないと思う。
なんで?と言われると、ズバリ「この世にはネガとポジがあり、気や感情があるから」と答える。

そう言うと必ず、
「悩んでいるやつが沢山いる中で、無くならないなんて軽く言うなよ!」と言う人もいる。例えばこの人の感情が高ぶって更に口撃を続けてくるとする。「何様のつもりでそんなこと言ってんだよ、おめえは無神経かよ!!」更にヒートアップします。「バカが!死ねこのタコ!!」
あーあーあー…ですよね。こうして新たないじめがこの世に生まれるんです。いとも簡単ですね。

だけど、「いじめを減らすこと」は余裕でできると思っていて、これからドンドンいじめのメカニズム等を各自が知り、ドンドン話し合えば良い結果が得られるはずだと確信している。

いじめを減らすことはできる

「いじめを減らすこと」は余裕でできる

なんでそう思うかは下の実験Ⅴを見て欲しい。
植物を介して「いじめ防止」を訴えるIKEAの取り組み実験。

↓↓

いじめによるネガティブな気を浴びると、どんな動物もまいってしまう。
植物もしかり?・・・というわけで、その名も「植物をいじめる」と題された実験がIKEAでなされた。

植物いじめ実験
  1. 2つの同じ種類の鉢植えを用意。
  2. 1カ月間学校の片隅に同条件下で設置。
  3. 一方には「ポジティブな言葉」をかける。(褒める。励ます。)
  4. もう一方に「ネガティブな言葉」をかける。(けなす。馬鹿にする。)

ポジとネガを浴びせられ続けた植物の状態に歴然とした結果がでましたね。
植物には耳も目も、基本的には痛覚も感情もない。
では何がそうさせたと言えましょうか。

「気」
だとしか言いようがなくないですか。
もっと砕けた言い方をすれば「気のもん」です。

いじめられてメンタルがやられてること自体は「気のもん」だと言えばそれを否定する理由はないと思います。

とは言え、「気」という事で片付けると、荒唐無稽(でたらめ)な考察と言って切り捨てられたり、敬遠されるかもしれません。
別にそれでもいい。
この動画を観ても尚、否定したり、やらせだとか言って揶揄するようなひねくれた大人は確実にいる。だからいじめはなくせないと思うが、彼らも共存するのが我々の住む現実社会です。

そんなひねくれ族に言いたいことがある。(実験Vに賛否あるようなので・・・)
実験Vが嘘だと思うなら嘘でもいいじゃない?
仮に嘘だとしても、大人なんだから騙されてあげればいいの。
それでいじめがなくなるなら・・・。(自身はこのVを1ミリも疑ってませんマジで)
一緒にいい世の中を作りたい思いはあるはずなのでIKEAのやったこの実験に感謝と拍手でお願いします。

ここで注目するべき事はただ一つ。子供たちが何を学び、どう感じたのか。

子供たちにも両者の差は一目瞭然ですからね。
片方はくたびれて、片方は元気ハツラツ。
インタビューでは「いじめが与える影響は植物だってこうなのだから、人であったら尚更」と答えている。
いじめは悪だと心に刻んでるわけです。日本を含む海外メディアでも多く取り上げられ「この結果は一目瞭然!」「いじめられた方かわいそうに…」「どうせならプラスの影響を与えられる人になりたい」「ありそうでなかった実験だ」と注目を集めている。

知って学ぶ。そしてひねくれず、素直に受け入れて行動に起こす。
(この場合はポジティブに振る舞う事だと思います。)

いじめのメカニズム

図を作りましたのでそれを見ながら順に説明します。

あくまでも参考的に見てね^^

いじめのメカニズム(※PCクリックで拡大)上の図を補足します。

ステージⅠ

被害者(いじめられっ子)を中心にした構図になります。赤円部。

外のサークルには加害者(いじめっ子)。黄円部。

赤と黄の部分の核でいじめは成立しています。

ここの段階で本人の抗い方(抵抗)や第三者の強い介入次第で、いじめは潰せます。
優しい人ほどいじめ被害に合いやすいのは抗わないからと言えるでしょう。

ステージⅡ

問題は野次馬と観衆です。桃円部。
黄と桃の円がいじめのパイを大きく強くしていますね。
いわゆるにぎやかしやギャラリーによる煽り行動です。
厄介なのが日本人はこのタイプが一番多いと思います。直接いじめに加担はせず、単純に面白がる人種で、火に注ぐ油の役割を持っているのでここが付いたいじめは鎮火しにくくなります。

人種によるタイプの違いで言えば、欧米は個人間のトラブルからの暴行・障害事件が多いと言えますが、これはつまりステージⅠで結末を迎えているという事で説明がつきます。気性が荒いというか気が短いというか、ギャラリーが湧く前に決着がついている。

ステージⅢ

そしてその外の水色円部。
傍観者のタイプに属しているメンバーに注目してみると、友人や家族、つまり一番の味方であるべき人たちです。
いじめに加担してるのか・・・?と言えば難しいところですが、この人たちによる害があるとしたら、被害者から相談を受ける立場であるが故に、当たり障りのない無関心な発言をしたり、自分の身に降りかかる厄介事から目を背けたりもしがちです。

傍観という形での加害者とは言え、ここまで大きくなった炎を鎮火できるのもここに属する人に他なりません。

ステージⅣ

最終的には社会になります。青円部。
いわゆるマスコミによる煽り、政府による法案施行等の遅れや無関心などがこのステージです。
いじめられっ子が選ぶ最悪の末路が自殺で、それはほとんどが今の社会への絶望です。遺書が見つかると必ずといっていいくらいに見る文面が「自分と同じ道をたどらないで」といった内容です。

「誰も助けてくれないんだ。」といった絶望感は国家の今後のビジョンを見ても感じます。それは国会であったり、日々垂れ流されるニュースの事件であったりします。

今まさに悩んで死にたい子供が観るニュースが、とある大臣が問題発言をしたとして吊るし上げ、辞任に追い込むいじめに似た茶番劇なのですから・・・。

タイプ 行動(初期) 行動(後期)
被害者 我慢する 相談する
加害者 ①加害者 いやがらせ(直接) 陰湿化(間接)
②観 衆 野次馬化 煽る
③傍観者 無関心 見て見ぬふり

いじめメカニズム早期発見⇒解体

ここで一番言いたいこと。それは加害者②観衆と③傍観者が一番ダサいってこと。

かっこ悪いどころではなく、ダサい。

こんなとこにいる野次馬や見てるだけの人は暇なん?退こうよ邪魔だから。

人(特に若い世代)は、まずはダサいと言われれば即座に正そうとする傾向にあるので、これを利用しない手はないし、そうするのが一番早い。

そう言える強い人いるでしょ?であれば言ってあげようよ。

かと言って①の直接の加害者がイケてるのか?とか、そういう話ではない事は言うまでもないが・・・、被害者と加害者だけのマンツーの間だけで止まってるいじめの状況は全然壊しやすいし、喧嘩になれば終わらせる可能性も出てくる。この一文は見逃さないでほしい。
というのは、いじめ被害にあって抜け出せない人は通常は我慢するタイプで優しい人です。
早めにキレたり我慢できずに抗える人、もっと言うと攻撃できる人はいじめから脱出しやすいということを知っておいてほしい。

観衆と傍観者が回りを取り囲む前がチャンスです。勇気を持って行動を!

本人の意思とは裏腹に起こるいじめ

いじめてるつもりはない。
でも結果それがいじめになっていた。これもあるあるです。
一応はそんな鈍感なゾーンも壊しておく必要があります。

ちょっと例を挙げます。

ある特定の人の愚痴を友人に1週間毎日聞いてもらっていたとする。
でも友人からすればその人は大好きな恩人だ。

どうでしょうか。1週間は友人にとっていじめにあってるのに近い状況ではないでしょうか。
友人は優しいのであなたに気を使って、怒りを鎮めてあげたい一心で「うん。うん・・・。」と相槌を打ってくれてたんです。
心当たりはないですか。
「愚痴を言う
ことは自分のストレスを人に移す行為だと自覚しておく。
「愚痴も言えない世の中なんかクソ!」という気持ちもわかるので多少の愚痴くらいはいいんです。私も聞きますし、皆さん聞いてくれます。

反町隆史
反町隆史
言いたい事も言えないこんな世の中じゃ POISON ♪

そうではなく、会う度に愚痴を言う人。その人の回りからはどんどん人が離れていきますし、モテることもありません。

子供に学校でいじめられているといった相談を受ける。
相談を受けたからには結果を残そうとして相手の親に注意したり、担任を怒鳴りつけ、事を大袈裟にする事で鎮静化を図った。

当然ながらこれについては正義心からきた立派な行動だっという人もいます。

果たしてこの正義は役に立つのか・・・?
正義の味方であってこの子の味方ではなくはないですか。

いじめはほとんどがその後「親になんかチクりやがって!!」といった恨みから、陰湿になり、更に悪質で長期化します。

正義感を主張する人間こそ、回りは注意しなければいけない。
なぜならば、彼らはそれを振りかざすことに酔いしれて、人の心の隅の部分までは想像力を働かすことはできないから。

むしろ現状から一緒に逃げたり、環境を変える提案を必死で模索しながら絶対に事を荒立てない気づかいができてこそ、結果それが正義になり得る。

自らでもいいし回りの力でもいいので、いじめは環境を変えるのが一番だ。これは覚えておいた方がいい。

いじめっこへ

あなたは「いじめている側」の自覚がありますか。

あるならば聞きます。
せめて相手に出口だけでも、逃げ場だけでも作ってあげていますか。
それができてないといじめては駄目です。いじめっこすら失格です。
追い込まれて逃げ場を無くした人がどうなるのか・・・想像できますね。
わかると思うのではっきりとは言いませんが、最悪の結果が待っています。あなたの人生も先は真っ暗ですので・・・。

回りの目を気にして巻き込もうとしてませんか。ひとりでは心細いから?
すごくかっこ悪いことです。ダサいのでやめましょう。

今はいじめいているその人も、あなたの将来にかけがえのない友人になり得ます。

出会いは歳をとるごとに貴重さを増していきますので、大切にしてください。

どうやって逃げ場を作るのかを教えますね。
例)「今はいじめてるけど、お前のこういう部分が俺大嫌いだから直せ。そしたらもういじめたりしない。」というニュアンスのことを言ってあげるだけです。言い方はどんなでもいいんです。ズーズー弁でもいい。言いましょうね。
いじめられてる人は弱いけど、優しくて皆と仲間になりたいんです。嫌なとこを直せと言われれば直そうと努力してくれます。

裏切られたから信用できないし、いじめるの?
わかるよ。でもいつまでそうするの?

ちゃんと出口を作ってください。

あと、巻き込むのはダサい。巻き込まれる回りはもっとダサい。イケてる服や髪形をしてもいじめに加担してるようじゃ意味ないよね。心がダサいんだから。

「やめようよ。仲良くしようよ。話は自分も聞くから。」
これが自然に言えたら一番いいですよね。

いじめの仲裁はそんな簡単なもんじゃないって?
そう思う人に聞くけど、いじめの主犯に「やめようよ。」と言ったことある?
もしないのなら仲裁が簡単かどうかわからないはず。勇気がないだけの傍観者。
言うのは確かに勇気がいるよね。
ぼくは何度も何度も言ったことあるし、今度は自分が無視されてターゲットにもなった。

何度も飛び火を受けていじめの標的になった。野次馬や傍観者をかっこ悪いと思ったから・・・。でも結果いじめにあった。

じゃあ、そこでひとりぼっちになったと思う?ぼくはまず、いじめられっこの味方に立った。だからひとりぼっちになるはずがない。少なくともその子と自分の二人。それで十分に戦える。味方を増やそうとは思わなかった。増やすと逆転現象が起こることも知ってたし、それはまた寝返ったとして知らないうちに新たないじめを生んだりもする。

いじめられると、脱却のために人はもがく。

だからお願いします。何度も言うけど、居場所とまではいかなくとも、逃げ道は作ってあげてください。

いじめられっこへ

あまり多く言いたくはないんです。

ただ・・・

生きていれば必ず、まだ見たこともない最高の景色が見られる。みんなで一緒に春にはお花見をしましょう^^

 

ランキングサイトに参加中です^^よろしければポチお願いします。 ↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

人気ブログランキング