fbpx
自己投資(自分磨き)

有馬記念を一緒に予想・考察しようぜ!2018年 オジュウチョウサン買う?

レース当日までに情報がまとまり次第随時更新していきます。

予想 買い目

フォーメーション 72点

1着 2着 3着
⑫⑭ ①⑧⑫⑭⑮ ①②④⑤⑥⑧⑨⑪⑫⑭⑮

キセキとレイデオロ中心のフォーメーションをまずは押さえておきます。

オジュウチョウサンの人気が高いのであまり投資妙味に欠けるかな・・・といったところでしょうか・・・

近年の有馬記念の傾向

2017年の有馬記念は、単勝1番人気キタサンブラックが物の見事に優勝!!
・・・からのサブちゃんの「祭」大熱唱はまだ記憶に新しいことでしょう。

遡って見ると、この有馬記念がGⅠ初勝利だったのは5頭だけなんです。34頭中5頭。
また、当レース以前にGⅠで3着以内に入った経験もなかったのは2頭だけでした。

単勝1番人気に支持された馬の成績
近年の1994年から2017年の有馬記念では
〔1着13回・2着4回・3着1回〕とまずまず堅実だ。
現状ではレイデオロ中心の組立で良いと言える。

今年は実績馬が順当に勝つのか。あるいは意外な伏兵馬か・・・。

過去10年の年齢別成績
「6歳以上」の馬は優勝例なし。
3着内率も8.3%にとどまっている。
年齢の高い馬は苦戦する可能性が高い。
逆を言うとオジュウチョウサン(7歳)に馬券妙味が生まれるのでは!?

出馬表 枠順確定

【有馬記念(G1)枠順】12/23 15:25発走

番号 馬名 馬齢 騎手 斤量 人気
1枠 1番 オジュウチョウサン 牡7 武豊 57.0㎏
2番 クリンチャー 牡4 福永祐一 57.0㎏ 10
2枠 3番 モズカッチャン 牝4 M.デムーロ 55.0㎏
4番 マカヒキ 牡5 岩田康誠 57.0㎏ 12
3枠 5番 パフォーマプロミス 牡6 C.デムーロ 57.0㎏
6番 サトノダイヤモンド 牡5 B.アヴドゥラ 57.0㎏
4枠 7番 サウンズオブアース 牡7 藤岡佑介 57.0㎏ 14
8番 ブラストワンピース 牡3 池添謙一 55.0㎏
5枠 9番 リッジマン 牡5 蛯名正義 57.0㎏ 13
10番 ミッキースワロー  牡4 横山典弘 57.0㎏ 11
6枠 11番 ミッキーロケット 牡5 O.マーフィー 57.0㎏
12番 レイデオロ 牡4 C.ルメール 57.0㎏ 1
7枠 13番 スマートレイアー 牝8  戸崎圭太 55.0㎏ 16
14番 キセキ 牡4 川田将雅 57.0㎏
8枠 15番 シュヴァルグラン 牡6 H.ボウマン 57.0㎏
16番 サクラアンプルール 牡7 田辺裕信 57.0㎏ 15

現状の買いたいところを赤文字にしました。

2018年の有馬記念にオジュウチョウサンを出したいんや!

ファン投票結果オジュウチョウサン3位! 出場おめでとう!!

やまだ
やまだ
オジュウチョウサンがジャパンカップ回避からの有馬直行のニュースあったけど賞金足りんからなあ~ 出るためには16頭フルゲートで人気投票10番目以内なら優先されるんよな~

2年連続最優秀障害馬獲得している最強障害馬オジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一厩舎)。目下平地も合わせて11連勝中

ロシモフ
ロシモフ
たまに出てくるこんなスターホースの出方次第でオッズの妙味が全然変わるっちゅうんやからオモロイなあ~

是非ともファン投票でオジュウチョウサンを推して楽しみましょう!

11/22時点ファン投票状況(有馬記念2018)

順位 馬名 得票数 馬齢   備考欄
1 レイデオロ 33,346 牡4 当選確定ライン上位10頭
2 アーモンドアイ 33,175 牝3 回避
3 オジュウチョウサン 30,273 牡7
4 スワーヴリチャード 27,612 牡4
5 ワグネリアン 23,152 牡3 回避
6 サトノダイヤモンド 22,117 牡5
7 キセキ 17,649 牡4
8 ミッキーロケット 17,392 牡5
9 エポカドーロ 16,901 牡3 回避
10 シュヴァルグラン 15,436 牡6
11 リスグラシュー 12,700 牝4 回避 獲得賞金如何で当選
12 アルアイン 11,913 牡4
13 モズカッチャン 11,839 牝4
14 フィエールマン 11,813 牡3 回避
15 マカヒキ 11,563 牡5
16 サトノクラウン 8,722 牡6
17 エタリオウ 7,937 牡3 回避 落選
18 クリンチャー 7,445 牡4
19 ブラストワンピース 6,063 牡3
20 ディアドラ 5,016 牝4 回避

ファン投票 最終結果発表!

有効投票数 1,520,485票

順位 馬名 得票数 性年齢 調教師名
1 レイデオロ 110,293 牡4 藤沢 和雄
2 アーモンドアイ 105,561 牝3 国枝 栄
3 オジュウチョウサン 100,382 牡7 和田 正一郎
4 スワーヴリチャード 89,456 牡4 庄野 靖志
5 サトノダイヤモンド 78,204 牡5 池江 泰寿
6 キセキ 75,471 牡4 中竹 和也
7 ワグネリアン 68,049 牡3 友道 康夫
8 ミッキーロケット 59,595 牡5 音無 秀孝
9 シュヴァルグラン 55,206 牡6 友道 康夫
10 エポカドーロ 53,492 牡3 藤原 英昭
11 アルアイン 45,529 牡4 池江 泰寿
12 マカヒキ 43,588 牡5 友道 康夫
13 リスグラシュー 39,393 牝4 矢作 芳人
14 モズカッチャン 38,548 牝4 鮫島 一歩
15 フィエールマン 37,699 牡3 手塚 貴久
16 サトノクラウン 27,847 牡6 堀 宣行
17 エタリオウ 25,106 牡3 友道 康夫
18 クリンチャー 24,531 牡4 宮本 博
19 ブラストワンピース 21,335 牡3 大竹 正博
20 ディアドラ 15,726 牝4 橋田 満

出走馬予想

中山競馬場芝2500M
日程:2018.12.23 ファン投票出走可能頭数:16頭   12/7更新
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
注釈 血統
(父馬)
前走成績
2.4 レイデオロ ルメール 総合S キングカメハメハ 天皇賞秋1
4.1 キセキ 川田 ルーラーシップ JC2
9.5 シュヴァルグラン ボウマン 技A ハーツクライ JC4
13.5 サトノダイヤモンド 川田 古豪S ディープインパクト JC6
17.5 ミッキーロケット 和田 キングカメハメハ 天皇賞秋5
14.4 ブラストワンピース 池添 ハービンジャー 菊花賞4
21.0 ミッキースワロー 横山 トーセンホマレボシ JC5
21.5 オジュウチョウサン 武豊 11連勝 ステイゴールド 南武1
25.0 モズカッチャン ハービンジャー エ女王4
27.6 パフォーマプロミス Cデムーロ ステイゴールド ア共和国1
33.3 マカヒキ ディープインパクト 天皇賞秋7
57.0 クリンチャー ディープスカイ 凱旋門賞17
80.5 リッジマン 蛯名 スウェプトオーヴァーボード ステイヤズ1
122.5 サクラアンプルール キングカメハメハ 天皇賞秋6
130.5 ハッピーグリン ローエングリン JC11
143.5 サウンズオブアース 田辺 ネオユニバース JC14

出走馬紹介

レイデオロ(Rey de Oro)

4歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2018年・天皇賞秋
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想
天皇賞秋では横綱相撲でライバルを蹴散らしG1・2勝目を挙げた。
ルメール騎手を確保し、万全の態勢で秋の締めくくり戦に挑む。

 

オジュウチョウサン(Oju Chosan)

7歳牡馬

父:ステイゴールド
母:シャドウシルエット
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2018年・中山グランドジャンプ
馬名の由来:家族名より+冠名
無敵のハードル王・オジュウチョウサンがついに平地のG1に参戦する。
今年は中山グランドジャンプを圧勝しその後平地の条件戦を連勝している。
鞍上に武豊騎手!!

 

シュヴァルグラン(Cheval Grand)

6歳牡馬

父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2017年・ジャパンカップ
馬名の由来:偉大な馬(仏)
昨年の有馬記念では直線で不利を受け惜しい3着どまりだった。
連覇を狙ったジャパンカップでは後から脚を伸ばし4着と健闘した。
まだまだ力は衰えていない。

 

キセキ(Kiseki)

4歳牡馬

父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡
アーモンドアイの驚愕のレコード決着だったジャパンカップで2着。
つまりスーパーホース級であると言える。
反動さえなければここでも。

 

モズカッチャン(Mozu Katchan)

4歳牝馬

父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2017年・エリザベス女王杯
馬名の由来:冠名+人名愛称
札幌記念、エリザベス女王杯を連続3着とあと一歩のところで勝利を逃している。
流れ一つで上位浮上も。
鞍上はM.デムーロ騎手。

 

サトノダイヤモンド(Satono Diamond)

5歳牡馬

父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
主な勝鞍:2016年・有馬記念
馬名の由来:冠名+宝石名。流星の形から連想
一昨年の有馬記念ではキタサンブラックを破り優勝。
これがラストラン予定。
トウカイテイオウのような有終の美を飾ることができるか。

 

マカヒキ(Makahiki)

5歳牡馬

父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2016年・日本ダービー
馬名の由来:ハワイの収穫祭
実力とポテンシャルではピカイチ!
ジャパンカップは体調不良で回避。
本調子なら怖い存在だが・・・。

 

ミッキーロケット(Mikki Rocket)

5歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ
母父:Pivotal
主な勝鞍:2018年・宝塚記念
馬名の由来:冠名+ロケット
ジャパンカップは右トモの筋肉痛のため回避している。
症状はとても軽く有馬記念に向けてしっかり調整が進められている。
春秋グランプリ制覇なるか。

クリンチャー(Clincher)

4歳牡馬

父:ディープスカイ
母:ザフェイツ
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2018年・京都記念
馬名の由来:決定打
フランス遠征での2戦はいずれも大敗。
国内戦なら見直したいが、負け癖に注意。
スタミナ勝負に持ち込めれば。福永騎手と初コンビ結成。

 

ブラストワンピース(Blast Onepiece)

3歳牡馬

父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・新潟記念
馬名の由来:突風+母名の一部
ダービー5着、菊花賞4着の実力を持って3歳牡馬を代表。
斤量差で有利のためワンチャンあり。

 

パフォーマプロミス(Perform a Promise)

6歳牡馬

父:ステイゴールド
母:アイルビーバウンド
母父:タニノギムレット
主な勝鞍:2018年・アルゼンチン共和国杯
馬名の由来:約束を果たす
アルゼンチン共和国杯で重賞2勝目を挙げた。
2度目のG1挑戦でビッグタイトル獲得なるか。
チェックすべきは鞍上に初コンビとなるC.デムーロ騎手。

ミッキースワロー(Mikki Swallow)

4歳牡馬

父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2017年・セントライト記念
馬名の由来:冠名+ツバメ
中山コースは得意舞台。
鞍上は慣れ親しんだ横山典弘。
ジャパンカップでは上り最速タイムを計測。調子を取り戻している。

 

サクラアンプルール(Sakura Empereur)

7歳牡馬

父:キングカメハメハ
母:サクラメガ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2017年・札幌記念
馬名の由来:冠名+皇帝(仏)
昨年の有馬記念では直線で致命的な不利を受けレースにならなかった。
中山を得意とするが・・・。

リッジマン

5歳牡馬
父:スウェプトオーヴァーボード

母:アドマイヤモンロー
母の父:Caerleon
主な勝鞍:2018年・ステイヤーズS
鞍上は蛯名 正義
近走2走はどちらも1着と、勢いが出てきている。

スマートレイアー

8歳牝馬

父:ディープインパクト
母:スノースタイル
母の父:ホワイトマズル
主な勝鞍:2017年・ヴィクトリア
鞍上は戸崎 圭太
近走は牝馬戦でも勝てていない為、苦しい競馬を強いられそうだ。